1時間連続でパソコン(OSとしては、マイクロソフトのWindowsやアップルのMac OS Xが一般的でしょう)画面を見つめたら、たった1分でいいので目をつぶって目を休ませてちょうだい。

比較的簡単ですが、その短い間の休息が眼精疲労の症状を予防することに十分な効果がでるのです。つい集中して続けてしまわないよう心掛けてちょうだい。わかりやすい立とえとして、左が乱視、右が近視としましょう。

こうなってくると、眼底の網膜で結んでいる像の大きさが少し違ってきます。

結ばれる像のでかさを変えようと、毛様体筋を無理やり使ってしまいます。

それによって、左目と右目のバランスが乱れ、眼精疲労へ進行するのです。人間は、網膜で結ばれている像を脳に知識として知らせることでものを見ています。
目だけで見ていたら思いがちですが、実質は「脳でものを見ている」ことが正解です。これが実情です。

今と同様のシゴトを継続指せているかぎり、眼精疲労の状況は変わりません。

眼精疲労への治療を試していても、毎日毎日、目を酷使するシゴトをやり続けなければいけないのが普通でしょう。そうなると眼精疲労への治療の効果も不十分になってしまうことも可能性があります。

遠距離と近距離を交互に見る体操もおすすめです。やり方はかんたんで、30センチくらいの距離と3メートルほど先の場所に目標とするものを設定し、5~10秒経過するごとに繰り返し見るだけです。
こんな簡単なことをやるだけで、近距離にピントが固定されてしまった状態を軽くすることが出来ます。