具体的に言うと、一般的に女性は男性にくらべコミュニケーションをとる事が上手いので、同性に一日の辛かった事を話して愚痴を聞いて貰うのが良いでしょう。

しかしながら、そのような場合に、夫や彼氏などに話さない方が良いでしょう。
男性は、理詰めで考える傾向が見て取れるため、冷やかに話を聞いて、気分を害するようなことを言ってしまう事が予想されます。気もちを吐き出したいだけのはずが、もっとむしゃくしゃした気もちになり、言いあいになってしまいます。

不満を垂らす場合は同性をお奨めします。
寝ることが出来ないのは、たくさん動き回ることもなく疲労困憊していないせいか、嫌な事や気にかかることがあり、悶々としたまま寝室に入り、多くの想いが頭をグルグル回っているせいなのか各々の所以があります。しかしながら、嫌な事が連続することもあります。心に負担がかかり夜就寝することが出来ない。

それが、ストレスです。
ストレスで寝れない日が続くと、鬱になることも多々あるのです。
また、うつ病(なかなか自分では自覚できないため、治療が遅れてしまうことも多々あります)になると、睡眠時間が異常に多くなるという症状が出ることもあります。それに対し、男性はどうすればよいのでしょうか?男の人はほとんどが「相手より優位に立ちたい」という強い意識を持っているため、お友達同士でも弱点を見せるようなことは避ける傾向にあります。

なので、女性と同じ様に、「お友達に話して解消」は簡単ではないでしょう。