眼鏡を利用したがらない女性は、コンタクトレンズをつけます。眼鏡を利用してしごとをしてはいけないしごと場もあり、そうした環境ではコンタクトを使わなければいけません。

できれば目に疲れを残さないように励み、眼精疲労を引き起こさないような生活を志す必要があります。同じ姿勢を長い時間つづけると、眼球の周囲の筋肉と眼球中の筋肉が固まります。それゆえ、筋肉疲労を起こし、眼精疲労を引き起こすと考えられるのです。眼球周りの筋肉と首周りの筋肉はすべてにつながっています。

このような現状は、「目の疲労感」などといった表し方では物足りない気がします。残念ながら、「コドモ立ちの目の健康」は現在、大きな主題になっています。
大人ばかりでなく少年少女の眼精疲労にも注意すべきです。目の健康にブルーベリーが効果があることは広く認識されています。ブルーベリーに含有されているアントシアニンには、網膜の機能を強める作用があるといわれているからです。ブルーベリーは色鮮やかな青紫の色ですが、その色はアントシアニンの色です。また、ポリフェノールの一種で抗酸化作用があるゆえ、目とからだの疲れにも効果的です。

眼鏡をかけている場合でも、度が強かったり弱かったりすると眼精疲労へと進向ことがあります。

その所以ですが、眼鏡屋で眼鏡を造ると過矯正だったり、やらなくていい乱視矯正をやってしまうことにあります。
過矯正は遠方を見る際はうっすら見えても、近くを見るのは難しくなります。